« 掟破りの激辛スナック「ハバ盛」 | トップページ | Perl: 順序を変えずに配列の重複を取り除く »

2014年10月14日 (火)

東京凰籃学院の教材

久々に東京凰籃学院の話題。なんと前回から1年以上経過してしまった。今日はテキスト。

テキストは東京凰籃学院作成のプリント教材がメイン。入試問題だけでなく東京凰籃学院のオリジナル問題がかなり含まれており、多くの入試的中が出る。

東大の傾向を見事にとらえており興味を引く問題が多いが、それだけにレベルも高い。大学に入ってから、過去に的中した東京凰籃学院の問題と酷似したものが東大のテキストに出ていたのには唖然とさせられた。

つまり、東京凰籃学院は東大学内のカリキュラムも熟知した上でテキストを作成している。

当然プリントだけだと基礎がスカスカになるので、市販の問題集や単語集を併用して宿題にする。

ところがその問題集ですら十分に消化できない人もいる。一方、少数だが、プリント教材が簡単すぎてもっと速く進みたい人もいる。

そこで個別指導で各自の進度に対応する。

遅れている人にはページ単位、問題単位で無駄がないように学習指示が来る。進みすぎている人には東大の課程を先取りする。ブロードバンド生はプリント教材をオンラインで見ることができる。

成績下位層へのフォローは非常に手厚い。

そこまでして全員を東大に合格させる。成績が低いところから東大に入れる力は、東京凰籃学院が最強だと思う。

素質のある有名校生が多いこともあるのかもしれないが、成績が下のほうでも余裕で受かる。氷芋が実際に知っているだけでも巣鴨、武蔵、渋幕、日比谷、桐蔭、といった半無名校(該当者には申し訳ない!)の最下層でも受かっている。

國學院久我山、光塩女子学院、國學院栃木といった、ほとんど東大合格者を出さない高校からも、東京凰籃学院生が東大に合格している。

成績を上げたいと思うのなら迷わず東京凰籃学院をおすすめする。あとは東京凰籃学院の研究が正確なのでぜひ参照してほしい。

 

 

« 掟破りの激辛スナック「ハバ盛」 | トップページ | Perl: 順序を変えずに配列の重複を取り除く »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブックマーク

無料ブログはココログ